引っ越しをスムースに行う準備とご近所への挨拶まとめ

失敗しない引越し

男性作業員

忘れがちな役所への届け出

引越しの準備としていろいろと行うことがありますが、役所関係について準備しておくことを調べてみました。主な手続きは「転居届け(同一市区町村へ引っ越す場合)」「転出・転入届け(他市区町村へ引っ越す場合)」「マイナンバー」「印鑑登録の住所変更(登録者のみ)」「国民健康保険の住所変更(加入者のみ)」「国民年金の住所変更(該当者のみ)」「検診補助券の交換(該当者のみ)」「児童手当(該当者のみ)」「保育園・幼稚園の転園手続き(該当者のみ)」「要介護・支援認定の住所変更(該当者のみ)」「犬の登録(該当者のみ)」などがあります。引越し前の準備として、行わなくてはいけない引越し手続きは、1週間から2週間前までに終わらせておくのがベストです。早すぎると、せっかく取った証明書等を間違って梱包してしまったり紛失してしまったりする可能性があるからです。また、遅すぎて間に合わなくなってしまってもいけません。そのため、1週間から2週間前に手続きを行っておきましょう。引越しが終わった後は、全ての手続きを14日以内に行いましょう。役所の引越し手続きの中には、14日以内に行わないと罰則が科せられるものもあるからです。罰則のない手続きでも、忘れてしまうといけないので、早めに済ませてしまいましょう。

手続きは忘れずに!

次に、引越しに際して一部の人が役所で必要なやることがありますので同様に引越し前の準備として行いましょう。代表的なものには「不動産や車の売買等で印鑑証明を提出する予定がある」「国民健康保険に加入している」「国民年金第1号被保険者である(農林魚業従事者、自営業者、無職等)」「要介護者、もしくは要介護者の家族がいる」「犬、もしくは国の指定動物に指定されているペットと一緒に引越す」などが挙げられます。上記の手続きを忘れると、引越し前の市区町村役場まで取りに行かなければいけない可能性があるため、必ず済ませておきましょう。 引越しのタイミングでは、役所以外でもライフラインや新聞・郵便など、たくさんの手続きをしなければなりませんので、準備しながら確認しておきましょう。

小学校や地域への挨拶

仮にお子さんがいる家庭の場合、学校への挨拶も行う必要があります。学校だけでなく、地域の自治体やPTAなどにも挨拶を行うようにしましょう。土地になれるまで時間を要することもありますが、住めば都!可能な限り地域のイベントに参加し交流を深めることで、挨拶まわりなどかしこまったものを介さずに溶け込めるでしょう。転職で引越しが必要になった方であれば、必ず上司や転勤先の支社に出向き挨拶を行いましょう。引越し作業の期間とは別に挨拶を行う日程も考慮して休みを確保しておけば、慌てずに挨拶に迎えるでしょう。

Copyright© 2019 引っ越しをスムースに行う準備とご近所への挨拶まとめ All Rights Reserved.